全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-- : -- : -- | | page top↑
Linux の route add コマンド
2010 / 04 / 28 ( Wed )
# /sbin/route add -net 192.168.1.0 gw 192.168.0.1 metric 1 netmask 255.255.255.0 eth1

※上記コマンド説明
・-net 192.168.1.0
到達したいネットワーク(宛先ネットワーク)
・gw 192.168.0.1
到達したいネットワークにつながっているルータ(ゲートウェイ)
・metric 1
ネットワークの優先順位
・netmask 255.255.255.0
到達したいネットワークのサブネットマスク
・eth1
 利用するインターフェース


コマンドだけだと、OSが再起動したときに、情報が消える。
Windows だったら、route -p add でいけるのに・・・とか思ったり。
Linuxの場合は、/etc/sysconfig/static-routes を新規で作成して、そこに記述する。
上記のコマンドと同じ設定内容だと、次の内容を記述

eth1 net 192.168.1.0 netmask 255.255.255.0 gw 192.168.0.1

で、OSを再起動すると反映されるらしい。
いちいち再起動??とかおもったりしましたが、まぁできればよし。

設定が完了したら、
# /sbin/route
設定情報を確認して、pingで疎通確認して終了。


10 : 25 : 33 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<YAMAHAルータ コマンド備忘録 『upnp use on』 | ホーム | The IP address entered(xxx.xxx.xxx.xxx) is in use, please re-enter a new IP address のエラーメッセージ(APC)>>
コメント
----

別に再起動しなくてもいいでしょ
by: * - * URL * 2011/04/08 * 09:20 [ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://redhatman.blog23.fc2.com/tb.php/295-4a86134f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。